環境・防災

祝! 世界農業遺産認定(2022年9・10月号)

2022年10月26日

\ SHARE /

twitter
facebook
line

世界が認めた! 滋賀の農林水産業

森・里・湖に育まれる漁業と農業が織りなす琵琶湖システムが、7月18日、国連食糧農業機関(FAO)の「世界農業遺産」に認定されました!

漁業
伝統的な琵琶湖漁業

千年以上の歴史を持つエリ漁は、魚の習性を利用し、「つぼ」と呼ばれる部分で漁獲します。必要なサイズ・量だけを漁獲できる持続可能な漁法として、現代に受け継がれています。

琵琶湖のエリ(定置網)と水田
みずかがみ ほ場

農業
環境に配慮した農業

琵琶湖の水質や生態系を守るため、排水を管理し農薬や化学肥料を減らす「環境こだわり農業」やオーガニック農業、琵琶湖から田んぼに遡上して産卵する湖魚を支える「魚のゆりかご水田」などが営まれています。

林業
水源林の保全

水源林の保全には、漁業者や地域住民も参画しています。山に木
を植えて育てることが洪水や渇水を防ぐことに役立っているほか、川に上って産卵する湖魚の繁殖環境の保全にもつながっています。

水源林保全活動
鮒ずし

食文化
伝統的な食文化とお祭り

「鮒ずし」に代表される湖魚をご飯に漬け込んで発酵させる保存食「なれずし」は、贈り物や祭礼のお供えにも使われてきました。こうした食文化や祭礼は、地域の絆の醸成にもつながっています。

「琵琶湖システム」とは

琵琶湖とそれを取り巻く地域で、伝統的な琵琶湖漁業の代表格である「エリ漁」をはじめ、湖魚が琵琶湖から遡上して産卵・繁殖する「魚のゆりかご水田」、また、琵琶湖の水質や生態系の保全に寄与する日本一の「環境こだわり農業」やオーガニック農業、さらに、湖魚をご飯に漬け込んで作る鮒ずしなどの食文化、水源を涵養する「森林保全活動」など、持続可能性の維持・向上につながる営みのことです。こうした森、川、水田、湖のつながりは、1,000年以上に渡って受け継がれてきたものです。
世界農業遺産「琵琶湖システム」は、農業・漁業者の皆さまをはじめとする地域の皆さまの取り組みが世界的に貴重なものとして認められたものです。皆さん、一緒に地域を盛り上げていきましょう!


農政水産部 農政課 企画・世界農業遺産係
電話番号:077-528-3825
FAX番号:077-528-4880
メールアドレス: shiga-giahs@pref.shiga.lg.jp

会員ポイントをGETしよう!

ポイントの獲得にはログインが必要です。

新規会員登録

\ この記事をSNSでシェア!/

  • twitter
  • facebook
  • line

lineバナー

Popular Articles

  • お笑い芸人 野生爆弾 ロッシーさん

    滋賀県の未来を創る活動「子ども県議会」。
    野性爆弾のロッシーさんが、突撃リポート。

    子育て・教育 2023年02月22日

  • ものまねハンサムコメディアン JP さん

    ココロハズム 〜しがの時間〜 vol.5 ものまねハンサムコメディアンJPさん(2023年3・4月号)

    文化・スポーツ 2023年03月01日

  • チーズ職人 つや子さん(竜王町)

    ズームしが!vol.4 近江の魅力を深堀り(2023年3・4月号)

    文化・スポーツ 2023年03月01日

  • 新品種みおしずく

    【web限定-学生企画】滋賀県初のオリジナルいちご「みおしずく」
    みんなから愛されるブランドいちごをめざして

    暮らし 2023年03月10日

初めての方へ

web滋賀プラスワンは、県政情報を県民の
皆様にお届けするデジタル版の広報誌です。
web限定特集記事をはじめ、県広報誌
滋賀プラスワンの電子版をいつでもどなたでもご覧いただけます。

会員登録をすると、クーポンや抽選に応募できるポイントが貯まったり、
あなたの興味に合った記事がおすすめされる
ようになります。

県公式LINEでお友だち登録すると
新着記事のお知らせが届きます。

次へ
閉じる